2月になって早1/3ヵ月が過ぎようとしています。

2月は私とタカピーの生まれ月なんですが、暦の上では立春を過ぎ春と言うことになるんですが、「寒い!」1年で一番寒い月でもあるんですよね。
そんな2月がなぜ平年は28日、閏年は29日しかないのか?あまり深く考えたことなかったんですが、今回ちょっと気になったので調べて見ました。

国立天文台のホームページによると
「現在の2月にあたる月が1年の終わりの月だったためです。」といきなり結論が書かれていました。
これはどう言う意味なのか?って思いますよね。
その説明が以下の通りです。

以下原文を転載
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現在私達が使っている暦は、古代ローマの暦が元になっています。
紀元前8世紀頃のローマで使われていたとされる「ロムルス暦」では、月は10しかなく、農業をしない冬の期間には月日が割り振られていませんでした。いまの3月から12月にあたる月は、ロムルス暦の時代から存在していますが、いまの1月と2月にあたる月は、当時はまだありませんでした。

古代ローマの王、ヌマ・ポンピリウスが制定したとされる「ヌマ暦」では、それまで使われていた10の月にIanuarius(英語のJanuary)とFebruarius(英語のFebruary)を追加しました。当時のFebruariusは現在のような「2番目の月」ではなく、一年の最後の月とされていました。
また、ヌマ暦では、それぞれの月の日数は29日か31日でした。これは、古代ローマでは偶数は不吉とされたことなどからだと考えられています。しかし年末のFebruariusは例外で、28日しかありませんでした。Februariusは祓いや清めの月であるため、不吉な数でも良いとされていたようです。
ヌマ暦では、1年の日数は355日しかありませんでした。そのままでは季節と日付がずれていってしまうため、およそ2年に1度「うるう月」を入れていました。うるう月の調整の際には、年末のFebruariusを23日か24日とし、その翌日から、27日間のうるう月を挿入していました。

しかし、政治的・経済的な混乱や戦争のためか、うるう月が正しく挿入されなかったことにより、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の時代には、暦が季節に比べて2ヶ月以上も進んでしまっていました。カエサルは暦を改革し、平年を365日、4年に一度のうるう年を366日とする「ユリウス暦」を制定し、紀元前45年から使い始めました。ユリウス暦では年の始めはIanuariusと定められ、Februariusは「2番目の月」になりました。
また、ヌマ暦で日数が29日だった月は、ユリウス暦では日数が30日か31日に変更になりました。しかし、Februariusは日数を増やされず、ヌマ暦と同じ28日のままになりました。これは、Februariusには宗教的な意味合いの強い祭礼が多くあったため、混乱を避けるために日数の変更を避けたためと考えられています。こうして、それぞれの月の日数が現在と同じになりました。

表1 それぞれの時代における月ごとの日数と年の始め
(*印は年の始め)
e0086798_12391870.jpg
ユリウス暦では、4年に一度うるう年を入れて1年の長さを調整します。1年の始まりの月はIanuariusですが、Februariusが「年末」という意識は根強く残っており、カエサルはヌマ暦と同様に、Februariusをうるう年の日数の調整に使うようにしました。このため現在でも、2月の日数を変えることで、うるう年の日数の調整をおこなっているのです。
ただし当時は、祭礼の日付変更を避けるために、2月24日を2回繰り返していました。その後、うるう年には2月28日の後に29日を置くというやり方に変わり、現在に至っています。

注:昔の暦については正確にわかっていない部分もあり、まだどの説が正しいとは言い切れませんが、現在有力だと考えられている説を紹介しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
う~ん、確かに調べて見るとSeptemberは7番目の月、Octoberは8番目の月って意味らしいです。Oct何て聞いたらオクトパスを思いうかべるしね!

[PR]

# by MacPaPa-blog | 2017-02-09 21:24 | 私の呟き | Comments(0)

寒波!

e0086798_11115282.jpg
2017年01月15日(日)前日から雪模様でしたが我が家のある地域でも積雪がありました。
暖かかった元日と比べるとすっごく寒いです。
全豪オープンテニス、今日16日は錦織圭が初戦突破!オーストラリア(メルボルン)は夏です。気温は30°とか、地軸が23.4°傾いていることで起きる不思議!
歳を重ねるとともに1年365.2422日、1日23時間56分4.09秒、普遍のはずなのに加速度がついて行ってるような気がします。またすぐに暑い季節がやってくるんだろうな!

[PR]

# by MacPaPa-blog | 2017-01-16 23:30 | 私の呟き | Comments(0)

謹賀新年

e0086798_15014834.jpg
明けましておめでとうございます!
新年早々ベタな写真をあっぷしてしまいましたが、この写真は今年撮った一月一日の初日の出です。
例年通り、友達家族と京都市右京区にある平岡八幡宮へお詣りしたあと我が家族は日の出を求め一路南へ。

撮影場所は、三重県志摩市磯部町坂崎(北緯34.3、東経136.8)伊雑ノ浦畔です。対岸には志摩スペイン村のシルエットが見えます。

e0086798_15040129.jpg
その後、パールロードの奥志摩ラインを走り富士山が見えるかも知れないと言う鳥羽展望台へ!

e0086798_15033306.jpg
e0086798_15030206.jpg
本当に天気がよかったですが残念ながら富士山は見えませんでした。

e0086798_15050682.jpg
遙か遠くに大王崎を望むことができました。

初詣でひいたおみくじは小吉でしたが、初日からご来光も拝むことが出来て一日天気も良く最高でした。
今年はいい年になりそうです!たぶん…。

[PR]

# by MacPaPa-blog | 2017-01-02 23:30 | 私の呟き | Comments(3)

中秋の名月

e0086798_16522315.jpg
写真はイメージです。


今日、9月15日は中秋の名月、旧暦の8月15日にあたります。
旧暦は月の満ち欠けが元になっていますが、実際の満月とはズレがあり今月の満月は明後日の17日土曜日です。
残念ながら今年は秋雨前線が停滞し、この記事を書いている午後5時現在、雨は降りそうもないものの生憎の曇り空で名月を拝むことは出来ないかも知れません。
例年なら澄んだ秋空の中、綺麗なお月様を見ることが出来るのでしょうが!


[PR]

# by MacPaPa-blog | 2016-09-15 16:55 | 私の呟き | Comments(2)

天体望遠鏡

日曜日、私の所属する天文同好会の月例会がありました。
8月は毎年合宿(私はいつも不参加ですが…。)があるので例会は無し。9月は「星を求めて」が開催されるので、これが例会代わり。という事で久しぶり通常通りの例会です。晴れれば今回は例会後、宇治田原方面で60cmの望遠鏡を覗かせてもらえる事になっていたので楽しみにしていました。
朝から雨降りだったんですが、天気予報では夕方から回復するとの事だったんです。でも午後3時頃になっても雲が多く一時は中止に決まったんですが、午後5時頃、大分晴れ間が広がって来たのでやはり決行する事になりました。
e0086798_157586.jpg

近くのカレー屋さんで夕食を食べ、いざ出発です!

お邪魔したのは宇治天体精機と言う天体望遠鏡を製作されている会社です。
到着してからの空の状態は、残念な事に出発を決めたときよりも雲が広がってました。
晴れるのは間違いないので暫く待つことにしました。
その間工場を見学したりお茶をご馳走になりながら歓談をしたりしました。
e0086798_1595758.jpg

手前の望遠鏡が60cmです。
e0086798_264348.jpg

e0086798_28276.jpg

屈折望遠鏡もこのクラスになると迫力が違います。(詳細は聞いてないのですが、おそらく22cm F12 アクロマートだと思います。違ったらごめんなさい!)

結局、午後9時半頃になっても雲が多い状態だったので、星を観るのは諦めて解散することにしました。
星は観られなかったけど工場の見学が出来たことや、皆さんとお話できた事で楽しい時間が過ごせたので、私としては有意義な時間でした。また12月頃にやりましょうっと仰ってたので実現すると良いのですが、こればっかりは天気という自然現象が影響するのでどうなるでしょうか?

※帰宅後ひと寝入りして午前4時頃、空を眺めると満天の星空でオリオン座も煌めいてました。
[PR]

# by MacPaPa-blog | 2015-10-12 23:30 | 天文 | Comments(0)