パンク修理

昨日台風19号が近畿地方を直撃しました。私の住んでいる地域では幸い被害は
ありませんでしたが、日本全土では被害を受けられたところがたくさんあるようで
心からお見舞いを申し上げます。
先週の18号や今回の19号、この時期の台風は偏西風の関係で日本列島を縦断
するコースを取ることが多いようです。被害を最小限にするために日頃から防災
意識をしっかり持つことが大事ですね。私も出来ていないですが…!

昨日の昼、台風の備えて私のMTBが風で飛ばないようにロープで固定をしていた
時のこと、自転車のカバーから除いている後輪がぺっちゃんこになっているのに気
づきました。8月に町内をグルーっと回って以来、一度も乗っていないんですが何で
パンク?
早速今日修理です。
e0086798_23555587.jpg

チューブを外し空気を入れバケツに汲んだ水の中へ入れると勢いよく空気の泡が…!

e0086798_23561199.jpg

水から出してみると穴が開いているようにも見えますが、わかりにくいです。

e0086798_2356226.jpg

洗剤を塗ってみるとこの通り!

ゴム乗りとゴムパッチを使ってのパンク修理でも良いのですが、チューブの買い置きも
あったので、確実性を期すためにもチューブの交換をしました。

e0086798_23563328.jpg

自転車に車輪を取り付けて完了です!

しかしこのチューブ、置いておくだけでも自然にパンクすることが多い!他の製品は
使ったことがないので良くわかりませんが、こんなものなのでしょうか?
やっぱり頻繁に乗らないとゴムが劣化するのかな?
とにかく、バルブの付け根のところが弱いようで亀裂が入りやすい!一度試しに次は
同じメーカーの違う製品か、もしくは違うメーカーのものを使ってみようかな!
[PR]

by MacPaPa-blog | 2014-10-14 23:30 | MTB